文京パパスクール2013 開講

↑ チラシ(クリックで拡大します)
↑ チラシ(クリックで拡大します)

昨年度に引き続き、文京パパスクールが開講しました。今年のテーマは、「ママに自由を! パパは絆を!」。 大盛況だった第1回の様子をレポートします!

 

即日完売!

実は今年のパパスクール、受付開始当日に全15組の枠が埋まってしまうほどの人気でした。はたして、どんな人が申し込んでくれたのでしょうか? とても楽しみにしながら、当日を迎えました。

 

いいパパではなく、笑ってるパパになろう

↑ 開講を待つパパたち
↑ 開講を待つパパたち

いよいよ当日。集まったのは、2カ月から4歳までの子を持つパパ13組(2組は欠席)。子どもと2人での外出は初めてというパパもいて、みんな、緊張した面持ちです。

 

10時半、開講。最初に、FJファウンダーの安藤よりご挨拶。

↑ 挨拶する安藤(写真右)と講師を務める堀込(写真左)
↑ 挨拶する安藤(写真右)と講師を務める堀込(写真左)

 

続いて、FJB代表の堀込より講座の目的について。全5回の連続講座で持ち帰ってもらいたいものをお伝えしました。

 

  1. 親子の関係(タテ)
  2. パパ友作り(ヨコ)
  3. 家族以外の子・親との交流(ナナメ)
  4. ママの自由時間確保(を習慣づける)

 

 

その後、引き続き堀込より、「いいパパではなく、笑ってるパパになろう」というタイトルで、30分間のお話。産後うつやパタニティブルーなどの事例を紹介し、パパが育児を楽しむことの重要性についてお話ししました。

 

 

パパ友を作ろう! ~自己紹介セッション

↑ 変化球テーマでアイスブレークを促します
↑ 変化球テーマでアイスブレークを促します

 

続く30分は、FJBメンバー古家にバトンタッチ。3グループに分かれて、グループ内で自己紹介をしました。区内地域別にグループ分けをしたので、「○○公園の近くですか?」なんていうローカルな話題でさっそく盛り上がります。

 

オモシロかったのは、「この講座に申し込んだのは誰ですか?」という質問。13組中11組が、ママと答えました。中には、当日ママにバスに乗せられてきたらここだったというパパも。ママの作戦勝ちですね。

 

サプライズ!

↑ 区長登場!
↑ 区長登場!

 

そんな中、スペシャルゲストの登場! 成澤文京区長がお見えになり、区内の子育ての状況などについてお話しくださいました。突然の出来事に、パパたちも驚いている様子でした。

 

かんたんバルーンアート講座

最後の30分は、バルーンアート講座。いちばん簡単な剣と、基本の犬をレクチャー。安くて簡単にヒーローになれるということで、パパたちも必死に捻っていました。

 

 

以上で第1回は終了。あと4回、月1ペースで、同じメンバーで顔を合わせます。最終回は3月。そのころには、タテ・ヨコ・ナナメの関係が深まり、ママを自由にする習慣がついているといいですね。皆さまに来てよかったと思っていただけるよう、最高の講座を作りたいと思います!

 

(堀込)